2017.05.02

Hamamatsu Venture Tribe 始動!!

チェック
トライブとは種族、部族的な意味合いのようです。
ベンチャー企業はある意味そういう種族(命名はCOCOROの渡邉さん)
 
 
 
昨日は浜松にベースを置くベンチャー起業家の集まり。濃い時間を過ごし、皆の本気の魂にインスパイアされてきた。
 
お互いに創業から数年~10年近くが経っていると、様々なシビアな経験を経てきている。それぞれがいろんなものを背負って、使命感もって、突っ込んでる感があって、そういう根っこを共有できる仲間と「真剣な雑談」ができる時間は本当に素晴らしい。
 
雑談だけど、いちいち一つ一つのワードや話の裏側にあるストーリーを感じて共感をする。
 
 
 
という意味合いで、同じような種族である浜松のベンチャー起業家部族で
 

「浜松ベンチャー トライブ」

 
 
トライブの命名含め、今回は株式会社こころの渡邉社長に背中を押してもらった。
渡邉さんとはお会いしてから1年弱、業態は全く異なるけど、大手IT会社をスピンアウトして起業家となっていることもあり、何かと精神面含め共有できるし、実際に様々な事業上の連携し始めている。来週も2回お会いする予定があるなあ。
 
そして今回のメンバーは
株式会社SPLYZAの土井さん。
 
リンクウィズ株式会社の吹野さん。
 
パイフォトニクス株式会社の池田さん。
 
皆、志高く使命感をもった素晴らしい起業家。
 
 
この5人の浜松ベンチャー起業家がこうして集まると、本当にいい空気感や高揚感を作れる。僕がやりたいのは、ベンチャー起業家主導でこの空気感を発する場や機会を作って、この熱量とスピリッツを共有できる、そして今はまだちょっと分からないけど、根っこにこういうマインドを宿している人間からそのマインドを引き出すことをしていきたい。
 
 
だって、そういうマインドを表出させて、本気で人生と仕事と(起業家であれば会社と事業に)向き合う人が溢れないとこの地域も日本もよくならないと思うから。
 
 
そういう人たちをインスパイアするための活動をする役割が僕らにはあると思って、今回声を掛けさせてもらった。
そして、そういう人たちをさらに勇気づけるのは、僕ら5人がとにかく成長して、成功して、世の中にインパクト与える会社を作ること。その成功例を見せること。
そのためには自分たち自身の存在をプロモーションすることもとても大切で、これから起こしていく活動はそれのためでもある。
 
 
さて具体的にどういう活動にするか、考えること自体でワクワクするね!

↑