SolutionSEOコンサルティング・ウェブ解析

SEOコンサルティング・ウェブ解析

WEBサイトの地力を上げる長期的なSEOコンサルティングのススメ

小手先のSEO対策や、やみくもに被リンクを獲得するパワーSEOでは、昨今のGoogle/Yahooによる検索エンジン上位表示は難しくなりました。 正しいSEOの知識と定期的なSEO施策による地道なSEO対策が、時間がかかるようで最短で最良な結果を得られます。

我々のSEOサービスはクライアントとの事前のSEO設計をサポートし、着実な結果を長期間かけて実現します。 ちまたにあるSEO専門業者のような成果報酬による高額な課金や、特定ワードを区切った被リンクサービスによる課金などは取りません。 あくまでもSEOのノウハウをクライアント様と共有して、着実に自らのサイトをSEO対策に導くサポートをさせていただきます。

基本的なSEO施作Concrete Measures

1

SEOキーワードの洗い出し

想定されるキーワードを抽出し、マトリクス表にてキーフレーズの洗いだしを行います。

2

SEOキーワードごとのページ割り当て

当初は主要20〜30ページ程度をリストアップしてそれぞれにSEO対策キーフレーズを確定させます。

3

SEO管理ツールの確定

検索順位チェックツールなどの管理ツールを確定させます。また、SEO対策リスト管理にてキーフレーズごとの施策進捗がわかるシートを作ります。

4

SEO基本対策の実施

初期のキーワードの記述や配置、ソース上の最適化について実施項目を確定させて、WEBサイトに反映させます。

5

PDCAサイクルへ

短期的な施策は意味がなく、長期的な取り組みが不可欠。
通常検索結果1P目にビッグキーワードを上げるまで〜1年程度SEO対策は取り組む必要があります。定期的なSEOレポートとコンサルティングでチューニングを繰り返します。

コンテンツSEO

単一キーワードでの外部リンクに頼ったパワーSEO施策は、あまり意味がありません。また、SEOの潮流から言っても成果報酬型のパワーSEOは廃れています。

SEO対策フレーズを数百と洗い出し、1P1ワードでのコンテンツSEOを実施することで、トラフィック数を増大させるだけでなく、見込度の高いユーザーのアクセスを獲得することが成功への道と考えます。

EXAMPLE

  1. 初期内部対策実施(1ページ1フレーズのSEO対策/チューニング)
  2. コンテンツ設計(ページを簡易に増やす仕組み)と開発3有料被リンクサービスの実施(徐々に実施することでペナルティ回避)
  3. スマートフォンページの構築
  4. 専門サイトの構築(情報提供サイト/非営利サイトの運用)
  5. LPOツール導入検討 ※アドエビスを導入されているなら有効活用
  6. フェイスブックページ、ツイッター等の有効活用

ノキオへのお問い合わせ

お仕事のご相談、お見積もりのご依頼など、こちらからお問い合わせください。

お問い合わせ

↑